無水コールドクリーム・NANと無水型コールドクリームの違い

ゼノアのコールドクリームは「油汚れは油で落とす」の考えからつくられた商品です。
 
無水型コールドクリームと無水コールドクリーム・NANは、どちらもゼノア化粧料本舗を代表するメイク落とし(汚れ落とし)です。お顔には古くなった皮脂、メイクなどそれぞれのかたさや性質の違う汚れが残っています。これらの汚れを落とすには、やわらかい油とかたい油を混ぜて対応しなければなりません。やわらかい油からかたい油までをしっかり配合した無水型コールドクリームは、しっかりメイクをする方のメイク落としにおすすめです。やわらかい油が主体となっている無水コールドクリーム・NANは、元々ポイントメークを落とすために開発されたメイク落としです。無水コールドクリーム・NANをポイントメイクだけでなく、無水型コールドクリームのクリームのかたさに慣れていない方におすすめしております。
 
無水型コールドクリームNには紫外線散乱・遮蔽成分が配合されています。
無水型コールドクリームと無水コールドクリーム・NANは機能的に同じではありません。使いやすく改良したことで、配合されている成分が大きく変更されています。無水型コールドクリームには拭き取った後に、油分が肌に少し残っていても、油焼けなどを起こさないように紫外線散乱・遮蔽成分が配合されています。しかし、無水コールドクリーム・NANには紫外線散乱・遮蔽成分が配合されていません。紫外線散乱・遮蔽成分として配合される酸化亜鉛と酸化チタンは、配合されたクリームをかたくします。よって、柔らかく使いやすく改良した無水コールドクリーム・NANには配合されていないのです。配合されていないからといって問題があるわけではありません。無水コールドクリーム・NANは柔らかいオイルタイプのクレンジングです。無水型コールドクリームに比べ、拭き取った後に油分が肌に残る可能性が低いので、紫外線散乱・遮蔽成分を配合しなくても油焼けなどを起こすことが少ないのです。
 
使用感に違いがあります。
無水型コールドクリームは肌に油の皮膜を残すので、肌がしっとりとした感じに保つことが出来ます。無水コールドクリーム・NANは肌に残る油が少ないので、若干サッパリとした感じになります。どちらのコールドクリームも強い洗浄力(合成界面活性剤)を持たないクレンジングですので、乾燥気味の肌におすすめです。特に乾燥が気になる肌にはしっとりとした感じを保つ無水型コールドクリームがおすすめです。

● 肌に優しいメイク落とし【無水型コールドクリーム】のご購入はこちらから。
● 使いやすいメイク落とし【無水コールドクリーム・NAN】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori 2010年09月27日 at 13:05 | 無水コールドクリームNAN