ハンドクリーム α(アルファ)とは

ゼノア化粧料本舗のハンドクリーム α は、理容師・美容師さんなどの手を酷使する仕事をする方のために考えてつくられたハンドクリームです。
 
手に保護膜をつくることで洗剤や刺激物から手をしっかり守り、ビタミンA油(肌を整える)が、かさつく肌を整えます。
 
ハンドクリーム α ハンドクリーム α の4つのポイント
1. 刺激をはじき返す
2. 不足しがちな皮脂を補う
3. ビタミンA油(肌を整える)配合
4. 微香性
 
理容師・美容師さんの手も、介護士さんの手も、炊事や洗濯に忙しい主婦の手も、その他の色々と忙しく働きづめの手も、しっかりガードします。

理美容師さんのために開発された【ハンドクリーム α】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori 2010年06月11日 at 22:27 | ハンドクリーム α(アルファ)

ハンドクリーム α(アルファ)の使い方

働きづめの手を守る!
優れた皮膜力が魅力のハンドクリームです。


  ● ハンドクリーム α の使い方
  1. 水仕事などの手を酷使する前に、ハンドクリーム α を適量(1センチ程)取り、一番荒れやすい指先から、クリームを念入りにすり込みます。
  2. 手全体を皮膜で守るために、爪の根元や手首までしっかりすり込むようにして下さい。
  3. 余分なクリームは拭き取って下さい。
  4. 水仕事中に水を弾かなくなったら、ハンドクリーム α の皮膜が破れていることがありますので、再度ハンドクリーム α を塗り直して下さい。

理美容師さんのために開発された【ハンドクリーム α】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori at 23:08 | ハンドクリーム α(アルファ)

ハンドクリーム α(アルファ)の主な内容成分と役割

ゼノア化粧料本舗のハンドクリーム α は、手に保護膜をつくることで洗剤や刺激物から手をしっかり守ります。
 

  ● ハンドクリーム α の主な内容成分と役割
  • クリーム形成成分
    ミネラルオイル、ステアリン酸、スクワラン、ワセリン、セレシン、オリーブ油、イソステアリン酸、ラノリン、モクロウ、コーン油
    皮脂は肌を保護しています。ゼノア化粧料本舗は複数の油性原料を配合することにより、皮脂に近いクリームを作っています。クリーム形成成分として配合されている油分には、乾燥してカサツキがちな肌に潤いを与え滑らかにする役割もあります。
  • 被膜形成成分
    ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマオー、トリメチルシロキシケイ酸
    艶のある保護被膜をつくり撥水性・潤滑性・エモリエント効果などを肌に与えます。
  • 酸性成分
    リンゴ酸
    洗顔などでアルカリ性に傾いた肌を本来の弱酸性に戻します。
  • 乳化成分
    水酸化K
    配合成分を均等に溶かして品質を安定させ、同時に肌を潤し柔軟にするエモリエント成分としての役割も担っています。
  • 乳化補助成分
    ベヘニルアルコール
    配合成分を均等に溶かして品質を安定させる、乳化成分の補助の役割をします。
  • 抗酸化成分
    フィチン酸、トコフェロール
    抗酸化成分は共存する他の成分の身代わりとして酸化されることにより、製品そのものの酸化を防止します。皮膚に対しては、抹消血管を拡張して血行を促進する作用があり、皮膚の角化を促進し老化防止の働きがあります。
  • 殺菌・防腐成分
    パラベン
    パラベンは化粧品の防腐剤としてほとんどの商品に使用されているもので、非常に広範囲の微生物に有効なものです。皮膚刺激や過敏症も少ないとされています。

上記の内容成分に関する説明は、その成分の一般的な説明として書かれたものです。その成分が化粧品に配合された場合、上記説明の成分の役割と異なる場合があります。

ゼノア化粧料 商品紹介 では、各商品の成分構成は最新情報を掲載するように心がけておりますが、ゼノア化粧料本舗の商品は随時配合成分を見直しているので現在流通している商品と一部表示が異なる場合がございます。ご了承ください。

理美容師さんのために開発された【ハンドクリーム α】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori at 23:25 | ハンドクリーム α(アルファ)