エスタノール とは

ゼノア化粧料本舗のエスタノールは、潤いの膜でカサつく肌を守ります。
サッパリとした保湿タイプのボディローションです。

 
エスタノールは、防腐剤、合成ポリマー、合成油剤を一切使用してない肌にやさしいボディローションです。
 
エスタノール4種類の潤い成分(タウリン、褐藻エキス、カラギーナン、グリシン)で構成された保湿膜に、皮膚コンディショニング剤としてラクトフェリンを配合した、荒れ肌やドライスキンを予防するボディローションです。
 
高貴な芳香のブルガリアローズ(ブルガリア産のローズ油)を配合させることで、ほのかな香りもお楽しみいただけるボディローションに仕上げました。
 
防腐剤等を添加していないため使用期限が記載されています。
本商品は使用期限内にお使い下さい。


保湿タイプのボディローション【ゼノア エスタノール】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori 2010年06月12日 at 09:15 | エスタノール

エスタノール の使い方

ゼノア化粧料本舗のエスタノールはほのかにブルガリアローズが香る、サッパリとしたボディーローションです。
 
ボディにはべたつくクリームは使用感が良くありません。かといって合成ポリマーなどを使用した乳液は、滑らかな膜にはなりますがお肌の環境バランスを崩しやすくする場合もあります。エスタノールは木綿のシャツのようなさわやかなローションです。

  ● エスタノール の使い方
  • 首や手足などの体に痒みやカサつきを感じる方、荒れ肌の方はお風呂上りにつけて下さい。
    容器をよく振ってから、ご使用下さい。

ゼノアのエスタノールは肌に刺激を与えません。お子様からお年寄りまで、年齢性別を問わずに肌をやさしく守るボディローションです。
保湿タイプのボディローション【ゼノア エスタノール】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori at 11:01 | エスタノール

エスタノールの主な内容成分と役割

ゼノア化粧料本舗のエスタノールは、4種の潤い成分(褐藻エキス・カラギーナン・タウリン・グリシン)と皮膚コンディショニング成分のラクトフェリンが、荒れ肌やドライスキンを防ぐボディーローションです。
 

  ● エスタノールの主な内容成分と役割
  • 皮膚コンディショニング成分
    ラクトフェリン
    ラクトフェリンはヒトの初乳に多く含まれ、赤ちゃんの成育に欠かせない成分としてしられています。皮膚コンディショニング成分として、荒れ肌・ドライスキンを予防します。
  • 保湿成分
    褐藻エキス、カラギーナン、タウリン、グリシン
    肌にシットリとした潤いを与え、しなやかに整える働きがあります。
  • 芳香成分
    ローズ油
    ローズ油は芳香成分としてだけではなく、「バラ」の持つ防腐効果を期待できるものです。また、リラクゼーションの働きもあります。

上記の内容成分に関する説明は、その成分の一般的な説明として書かれたものです。その成分が化粧品に配合された場合、上記説明の成分の役割とは異なる場合があります。

ゼノア化粧料 商品紹介 では、各商品の成分構成は最新情報を掲載するように心がけておりますが、ゼノア化粧料本舗の商品は随時配合成分を見直しているので現在流通している商品と一部表示が異なる場合がございます。ご了承ください。

保湿タイプのボディローション【ゼノア エスタノール】のご購入はこちらから。
posted by genoa midori at 11:18 | エスタノール